登山日記: 2015/8/3 谷川岳 ( ロープウェイ運休の為、急遽 西黒尾根往復 ) 

こんにちは

8/2 (月)の平日(晴天!) 谷川岳登山に行ってきました。
いつもカメラを教えて頂いている先生が、山岳ガイドもされているという事で、谷川岳のガイドをお願いして本格登山に行ってきました。
出だしから思わぬトラブル^^ もありましたが、天気の変わりやすい谷川岳で雨も15分くらいぱらつく程度で、青空&切り立った山の絶景に感動。
体力不足の為ヘロヘロ&ヒヤっとする場面もありましたが、楽しい山行になりました!

  • ルート&コースタイム

4:00 自宅出発 (車)
7:30 ロープウェイ駐車場
8:00 西黒尾根登山口
11:00 ラクダのコル
12:20-12:30 肩の小屋 トイレ休憩
12:50-12:55 トマの耳
13:10-13:40 オキの耳 昼食
13:55-13:55 トマの耳
14:15-14:25 肩の小屋 トイレ休憩
15:30-15:40 ラクダのコル
18:50-18:50 林道(大きな舗装された道)
19:15-19:15 西黒尾根登山口
19:30 ロープウェイ駐車場
その後湯テルメ谷川で立ち寄り湯&帰宅

  • 登山日記

今回は初めての車利用の登山。
平日なので行きも帰りも高速はガラガラでした。
途中ガイドをお願いする先生をピックアップして、谷川岳ロープウェイ駐車場を目指します。
体力使い果たして、帰りの運転で気を失わないよう気をつけなければ・・

予定では、ロープウエイを利用した天神尾根コース。余裕あらば下りは西黒尾根から降りましょうかね〜
なんて言っていたのですが・・しょっぱなからまさかの事態!!

DSC_0133.jpg


セ、センセー!! ロープウェイが止まってます!!

実は、7月後半に大雨の影響で土砂崩れが起き、ロープウェイの設備に被害が。現在復旧作業中でしばらく運休だそうです。

いくら平日でも人気が少ないなー。。夏休みの学生さんはどうした?と思ったらそういう事ですか。HPチェックを怠りました。再開日は未定だそうなので、谷川岳に行く際にはご注意ください。

DSC_0136.jpg

さて、ロープウェイが使えないとなると、選択の余地なく西黒尾根ルートを行くしかありません。登山口から既に急ですが、こちらのルートは日本三大急登の一つで標高差約1300m のマッチョなコース。

なんの覚悟もなく来てしまった初心者の私は内心ガクブル(||゚Д゚)でしたが、あくまで平静を装い「様子を見ながら行けそうだったら頂上まで行きましょう!」と軽やかな足取りで先を行く先生について登山道に足を踏み入れます。

DSC_0145.jpg

登山道入り口からしばらく、こんな感じの急な岩場が続きます。展望はありませんが木々に真夏の日差しが遮られて割と涼しいです。歩いている間はゼハゼハ、汗ダクですが、ちょっと立ち止まって休憩の時に感じる風が気持ち良い。

DSC_0155.jpg

1.5時間位歩いたところで、林を抜けて展望が開けました。絶景かな。

景色は開けましたが、道はここからさらに険しくなり・・

DSC_0161.jpg

セ、センセー!! そんな所登るんですか!!っていうか、帰りはここ、下るんですよね!!

と内心叫び声をあげつつなんとか鎖に頼りつつ登りました。こんな感じの鎖場が頂上まで4,5箇所あったと思います。慣れてくるとアスレチック感覚で楽しそうですが、初心者なので必死です。

DSC_0165.jpg

青空に美しい山々の風景。

DSC_0172.jpg

今からあそこを登って行くぞー。段々と高度感にも慣れ、相変わらずゼハゼハ言いつつも、景色や花を楽しみながら歩きます。

DSC_0188.jpg

トマの耳到着!

DSC_0195.jpg

トマの耳から見えるオキの耳。オキの耳まで登ってからご飯です。

DSC_0203.jpg

頂上でプシュッと。ぷっはー。最高や!!冷凍ゼリーで冷やしていたので冷たくて美味しい!荷物は軽くしたほうがいいと分かりつつ、食べ物、飲み物は減らせない・・。

おにぎりと保冷剤代わりにしていたゼリーも頂き、パワー充電。

さて、あとは下りです。

ここで想定外パート2。
炎天下の登りで2l持ってきたお水も残り500mlと頼りなくなっていたので、小屋で買い足すつもりでしたが、なんと、小屋の方買い出し中の為不在でお水を買えず!!
そういえば途中ですごい量の荷物を持った方とすれ違いましたが、あの方が小屋の主人だったのかー・・ロープウェイも運休中で登山客の姿も少ない月曜ですからね・・。

頂上でプシュッとしたノンアルビール(350ml)を一気飲みした事が悔やまれます。

幸いガイドの先生が多めに水を持ってきてくれていた & 途中の沢で水を補充でき、危機は脱しました。

セ、センセー!! ありがとうございます!!

次回からは、水は多めに!! ウォーーターー!!

さて、登ったからにはあの急な岩場を降らなければならないのです。
かなり滑る岩&下りで否応にも目に入ってくる高度感で四苦八苦。
脚力不足で足もガクガクし、なんと登りよりも降りのほうが時間がかかる程の大ブレーキ。

カメラもリュックにしまって、歩きに集中しました。

暗くなる前に下山する為、鎖場を抜けたラクダのコルの分岐で行きとは違うルート(少し急だけど大きな林道に早めに出るルート)を行きました。

最後の2時間位は足が全く進まず、荷物も持って頂くという情けなさ。
水の件といい、もし初心者だけで来てたら真剣にまずかったです。

なんとか完全に日が落ちる前の19:00頃林道に出た時には本当にホッとしました。

谷川岳西黒尾根ルート、登山に慣れた方のブログや感想には、「急な岩場にはきちんと鎖が設置されており、全く問題ない」なんていうのもちらほら見かけますが、初心者にはかなりハードです。今回ガイドのセンセーがいらしたので、危険な箇所のアドバイスや休憩のタイミング等はかって頂き、安心して登れましたが、本来はきちんと経験を積んでからの挑戦が必要なルートですね。

私ももう少し経験を積む&脚力をつけるまでは、このルートの再挑戦はしばらくお預け。

しかし、谷川岳自体は都心から近く、眺望が素晴らしい素敵な山でした。可愛らしい高山植物を楽しめるし、紅葉も綺麗という事で、今度は天神平ルートで、季節毎に何回か来てみたいなぁ、と思いました。

DSC_0200.jpg

クルマユリ

DSC_0182.jpg

シラネアオイ&シモツケソウ

途中の谷川温泉で汗を流し、振り返ってみれば朝から晩まで思いっきり体を動かし、楽しかったと思うから山は不思議です。喉元過ぎれば熱さ忘れる??

次はどこに行こうかなー。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

20150802_谷川岳

Flickr Album Gallery Powered By: Weblizar

登山日記: 2015/8/3 谷川岳 ( ロープウェイ運休の為、急遽 西黒尾根往復 ) 」への2件のフィードバック

  1. こんにちは!
    谷川岳ですか、大変な岩場が有って、大変でしたね!
    私も、若いときには、山に登り、
    鎖を使って….という道も体験したことがあります。
    今回の経験で、大概の山は大丈夫になったのではないでしょうか!
    私は、老後に山に登ることを夢見ております。
    お疲れ様でした。

    1. Akiraさん コメントありがとうございます。
      確かに、今後の登山に向けて自信はつきましたが、体力不足(特に脚力)を痛感して悔しさもありました。
      Akiraさんも子育てなど落ち着いたら登山復活されるのかな?一生楽しめる趣味ですものね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です